四国土讃線に「ものがたり列車」、志士にちなむ新型…特急型を改造、2020年を目途に運行開始予定 1枚目の写真(全2枚)
列車のコンセプトを「志をつなぐ、明日へのものがたり “ミライ夢ミシ水平ノカナタヘ”」とし、幕末の偉人やそれを支えた女性、土佐の自然や風土への想いを寄せたものに。車体は「文明開化ロマンティシズム」をコンセプトに、文明開化の象徴ともいえる蒸気機関やロケットエンジン、明治期の装飾表現を組み合わせたデザインとする。
《出典 四国旅客鉄道》列車のコンセプトを「志をつなぐ、明日へのものがたり “ミライ夢ミシ水平ノカナタヘ”」とし、幕末の偉人やそれを支えた女性、土佐の自然や風土への想いを寄せたものに。車体は「文明開化ロマンティシズム」をコンセプトに、文明開化の象徴ともいえる蒸気機関やロケットエンジン、明治期の装飾表現を組み合わせたデザインとする。
長押しで
自動スライド

編集部おすすめのニュース