【画像】スパコン「京」と国立天文台「アテルイ」活用、宇宙構造形成の大規模シミュ実施 (1/1)| レスポンス(Response.jp)
シミュレーションによる宇宙誕生から138億年後(現在)の構造。一辺が約54億光年に相当し、一部を順に拡大して表示している。右下はシミュレーションで形成した一番大きい銀河団サイズのダークマターハロー。

スパコン「京」と国立天文台「アテルイ」活用、宇宙構造形成の大規模シミュ実施 1枚目の写真・画像

Credit:Ishiyama et al.(2015) シミュレーションによる宇宙誕生から138億年後(現在)の構造。一辺が約54億光年に相当し、一部を順に拡大して表示している。右下はシミュレーションで形成した一番大きい銀河団サイズのダークマターハロー。

編集部おすすめのニュース