シェアサイクルを配置する輸送も脱炭素化…NTTドコモと東京都中央区

実証で利用するEVトラック
  • 実証で利用するEVトラック
  • EVトラックを活用する実証実験の概要

NTTドコモドコモ・バイクシェアは、東京都中央区とドコモ・バイクシェアが共同で運営する「中央区コミュニティサイクル(シェアサイクル)事業」に、太陽光発電と電気トラック(EVトラック)でシェアサイクルを最適に配置する実証実験を、1月25日から2月16 日まで実施する。

EVトラックを使ってシェアサイクルを最適配置する作業の取り組みは日本で初となる。

ドコモとドコモ・バイクシェアは現在、全国48エリアでシェアサイクル事業を運営・提供している。利用者が自転車を利用した後、設置場所に偏りが生じた自転車を最適に配置する作業に使用する車両は、ガソリン車を利用している。シェアサイクルは環境負荷ゼロの移動手段だが、シェアサイクルの輸送がゼロカーボンのサービスになっていなかった。


《レスポンス編集部》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

編集部おすすめのニュース

特集