大型ダンプ4000台分の土砂流入、北陸道・下り線 敦賀IC~今庄ICの通行止め解除は8月末頃

災害発生状況:北陸道 下り線 敦賀トンネル付近
  • 災害発生状況:北陸道 下り線 敦賀トンネル付近
  • 災害発生状況:北陸道 上り線 敦賀トンネル付近

NEXCO中日本は、豪雨による土砂災害で通行止めとなっている北陸道について、上り線(米原方面)敦賀IC~武生ICは8月10日に、下り線(金沢・新潟方面)敦賀IC~今庄ICは8月末頃に通行止めを解除する見込みだと発表した。

今回の豪雨により、上り線は敦賀トンネル坑口付近で大型ダンプトラック200台分に相当する約1000立方米の土砂が流入。8月5日より敦賀IC~今庄ICおよび今庄IC~武生ICを通行止めとしている。土砂撤去、大型土のう設置は完了。現在、土留めのための杭などを設置する応急対策工事を実施しており、8月10日に通行止めを解除する予定だ。

下り線は敦賀トンネル坑口付近で、上り線を上回る大型ダンプトラック4000台分に相当する約2万立方米の土砂が流入。8月5日より敦賀IC~今庄ICを通行止めとしている。NEXCO中日本は福井県、敦賀市、北陸電力と合同で現地調査を実施。8月末頃の通行止め解除を目指して、作業員の安全を確保しながら、応急対策工事を進めている。


《纐纈敏也@DAYS》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集