ホンダ吉野元社長が死去---初の量産FCV投入

首相官邸における納車式 (2002年12月)
  • 首相官邸における納車式 (2002年12月)
  • ロサンゼルス市庁における納車式(2002年12月)
  • ホンダFCX
  • ホンダの元社長の吉野氏

ホンダの元社長の吉野浩行氏が2022年4月1日に死去した。享年82歳だった。

吉野氏は1963年にホンダに入社し、本田技術研究所の社長となって技術部門のトップとなり、当時のダイムラーとクライスラーが合併するなど、自動車業界の世界的な再編が加速していた1998年にホンダの社長に就任した。

海外事業を強化して柔軟な生産体質への改革を推進したほか、2002年には環境対応車の先駆けとして燃料電池車『FCX』を日米同日納車した。さらに、人間型ロボット「ASIMO」の開発にも注力した。

2003年に福井威夫氏に社長の座を譲って退任してからは取締役相談役に就任した。

葬儀はすでに近親者で執り行った。後日 ホンダとして「お別れの会」を行う予定。

《レスポンス編集部》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集