介助犬や思いやりのある交通社会 ジュディ・オング氏×JAF坂口副会長が対談

日本自動車連盟(JAF)は、5月20日にJAF公式YouTubeアカウントJAFChannelにて、「ジュディ・オングさん×JAF坂口副会長 対談 介助犬が叶える、思いやりある交通社会とは~介助犬育成支援プロジェクト~」を公開した。

今回公開された動画は、3月15日より日本介助犬協会のパートナーとして実施されている、JAFはじめてのクラウドファンディング「介助犬育成支援プロジェクト!思いやりある交通社会への道をみなさまと」に関連し制作された。

動画では、“日本介助犬協会 介助犬サポート大使”であるジュディ・オング氏とJAFの坂口正芳副会長が、介助犬や思いやりのある交通社会について対談。介助犬が実際にどのような働きをして、その使用者の人たちにどのような影響を与えるのか、そしてJAFが目指す思いやりのある交通社会についてわかりやすく話している。

動画では対談だけでなく介助犬のデモンストレーションもあり、介助犬の楽しそうな仕事風景や必要性を知ることができる。なお、同動画は、JAF公式YouTubeアカウントとあわせ、日本介助犬協会の公式YouTubeアカウントでも公開されている。

日本全国で活躍している介助犬は57頭。しかし、介助犬を必要としている人は全国で1.5万人いるといわれ、圧倒的に不足(1頭も実働していない都道府県もある)している。JAFは、クラウドファンディング「介助犬育成支援プロジェクト!思いやりある交通社会への道をみなさまと」を通し、介助犬を必要としている1人でも多くの人が介助犬と出会い、安全に・安心して歩き自動車を運転できるような交通社会を実現したいと考えているとしている。

クラウドファンディングは「READYFOR」にて実施されており、期間は5月31日まで。集められた支援金は日本介助犬協会へ寄付され、介助犬育成や譲渡に関する各種活動に役立てられる。

《鈴木まゆこ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース