犬の嗅覚ってどのくらいすごいの? こんな所に注意しよう[リアニマル]

自動車 ビジネス 国内マーケット
イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
犬は鼻が利く、とよく言われますが実際愛犬の嗅覚がどれほど優れているかご存知ですか? 実は犬の嗅覚は人間と比較すると1億倍も優れているとされています。ゆえに警察犬や麻薬探知犬など、嗅覚をフルに活用し使役犬として活躍するワンちゃんも多く存在していますよね。でも1億倍、といっても中々どのような世界か想像がつかないかと思います。人間が良い香り、と感じていても愛犬からすれば不快な香り…という可能性も!? そこで今回はワンちゃんの嗅覚について、注意点も踏まえてご説明します。

◆匂いを強く感じているわけではない

ワンちゃん達の嗅覚が優れているのは人間より鼻が大きく、臭いを感じ取る嗅細胞が多く存在しているためです。誤解されがちですが、人間と比較して1億倍の嗅覚がある、というのは1億倍匂いを強く感じている、というわけではなく人間が気付かないようなかすかな香りでも1億倍の嗅覚で察知することができる、という意味合いです。



◆特に鼻がいい犬種は?

鼻が利くのはマズルの大きさに比例しています。ゆえに鼻が短くつぶれている短頭種より、マズルが長くシュッとしたお顔の犬種の方が嗅覚に優れています。特にビーグルやハウンドドッグはずばぬけた嗅覚を持っており、その特性を生かし狩猟犬などとして活躍しています。



◆得意な匂い、苦手な匂いがある

鋭い嗅覚を持つワンちゃん達ですが、実は日常生活の中においてワンちゃん達が好む匂いと、嫌う匂いが存在しています。ワンちゃん達の優れた嗅覚は、野生時代から受け継がれているものです。なのでリーダーである飼い主さんの匂いは、どんなものでも大好きです。汗や足の匂いもワンちゃんは好んで嗅ぎにきます。また、ナチュラルなアロマやココナッツの香りなどを好むワンちゃんもいます。

反対に苦手な匂いは、人工的に作られているもの。タバコやアルコール、芳香剤などは不快な刺激臭と感じてしまうことも。またツンとしたお酢の匂いは、多くのワンちゃんが苦手とする香りです。この特性を生かし、リラックススペースには飼い主さんの着なくなったお洋服や毛布を入れてあげる、少しだけアロマを焚いてあげるなどしてあげましょう。反対に、近づいてほしくない場所、イタズラされたくないものには苦手な香りを置いておくと効果アリです。

◆こんなトラブルに要注意!

嗅覚が優れているがゆえに、気を付けなくてはいけないトラブルもいくつかあります。去勢手術を行っていない男の子のワンちゃんは、8キロ先の発情中の女の子の匂いを察知できると言われています。散歩中やドッグランなどで発情中の女の子がいた場合、飛びかかってしまいトラブルになることも。マナーパッドをつけるなど、万が一に備えて対策しておきましょう。また、動物看護師として働く筆者は、飼い主さんの匂いが大好き過ぎて、飼い主さんの靴下を誤食してしまう大型犬を何回も見かけたことがあります。この場合内視鏡、または開腹の手術となってしまいますから、靴下の脱ぎっぱなしには注意しましょう!



何気ない生活の中でも、ワンちゃん達は様々な匂いを察知しながら生活しています。喫煙は部屋を分ける、ワンちゃんの布団やクッションは合成洗剤を使わずに洗う、など一工夫してあげることでより快適な生活を送れるかもしれませんね!

犬の嗅覚ってどのくらいすごいの? こんな所に注意しよう

《吉田つぐみ》

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース