日本サン石油から最新規格適合オイル…Svelt・Qualia シリーズ新発売

日本サン石油は、最新規格に適合したエンジンオイルのラインナップとして、「Svelt(スヴェルト)」シリーズと「Qualia(クオリア)」シリーズを9月23日に発売する。「API:SP、ILSAC:GF-6」規格に対応した新製品だ。

10年ぶり、2019年に更新された潤滑油の規格、API:SP、ILSAC:GF-6は、省燃費性能向上、異常燃焼抑止、摩耗対策の強化などが要求される。APIはアメリカ石油協会が定める規格、ILSACは国際潤滑油標準化承認委員会が定める規格で、API規格に燃費性能を加味したものがILSACというような関係だ。いずれも新しい規格の方が性能が良い。

スヴェルトシリーズは、従来のストリートユースのプレミアムモデルのコンセプトを継承しつつ、最新規格の認証を取得したラインナップだ。基油は全合成油、API:SP規格、ILSAC:GF-6A規格にそれぞれ適合する。「0W-20」、「5W-30」を用意する。

クオリアシリーズは、「高品質で頼れるオイル」というコンセプトのスタンダードモデルとして展開される、新製品ブランドとなる。基油は合成油で、適合規格はAPI:SP、ILSAC:GF-6A、GF-6Bなど。「0W-16」、「OW-20」、「5W-30」、「5W-40」を展開する。

《高木啓》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース