自分のクレカがなくてもETCを利用できる方法---高速道路がETC専用に?

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
国が料金所のETC専用化を検討 自分のクレカがなくてもETCを利用できる方法6選
  • 国が料金所のETC専用化を検討 自分のクレカがなくてもETCを利用できる方法6選

国土交通省は、高速道路の料金所をETC専用にする方針を検討しています。


そうなると困るのが、クレジットカードがなくてETCカードを持っていない人たちです。


この記事では、クレカがなくてETCカードを作れない人が、どうやってETCを利用できるかを見ていきます


ETCカード発行には原則としてクレカが必要




通行料金に応じてポイントがもらえるETCマイレージサービス

ETC搭載車しか乗り降りできないスマートIC



など、ETCには数多くのメリットがありますので、ぜひとも付けたいです。


ETCを利用するには、ETC車載器とETCカードが必要です。


車載器は、カー用品店やディーラーなどで取り付けてもらえます


車載器に挿入して使うETCカードは、原則としてクレジットカードがなければなりません。


料金請求が後日行われるETCにはクレカの後払いが不可欠


というのも、有人ブースや自動精算機はその場で支払いが完結するのに対して、ETCの料金請求は後日行われるからです。


使い勝手はクレカと似ていますが、プリペイドカードは前払い、デビットカードは即時払いとなっています。


万が一、プリペイドカードの残高、デビットカードの口座残高が料金に満たないと、ゲートが開かず事故になりかねません。


それを避けるために後払いのクレジットカードの紐づけが行われています。


クレカを持っていなくてもETCが利用できる6つの方法


クレカがETCカードに不可欠なことが分かりましたが、


・ ブラックでクレカが作れない

・ クレカに抵抗がある



などの理由でクレカを持っていない人は、ETCカードも持てないことになります。


仮に料金所がETC専用になれば、そういった人たちは高速道路を利用できません。


そうならないように、ここからはクレカを持っていなくてもETCが利用できる方法を紹介しましょう


1. 申込のハードルが低い「ETCパーソナルカード」




「ETCパーソナルカード」は、クレジットカードがなくてもETCを利用できるカードです。


申込の際に保証金(デポジット)を預けることで発行されます


高速道路の月間平均利用額を申告し、それに基づき以下のようにデポジット額が決まります。


・ 平均5,000円利用 → デポジット2万円

・ 平均1万円利用 → デポジット4万円


・ 平均1万5,000円利用 → デポジット6万円


・ 平均2万円利用 → デポジット8万円



ただし、基本的にデポジットから差し引かれることはなく、登録した銀行口座からの引き落としです。


デポジット以外に、年会費が1,257円かかりますが、20歳以上(親権者の同意があれば16歳以上)でないとそもそも申し込めません


2. 頻繁にETCを利用する人は「ETCコーポレートカード」



≪画像元:高速情報協同組合

ETCコーポレートカードは、NEXCO東日本・中日本・西日本の各社が発行している、大口・多頻度割引制度のために発行するカードです。


高速情報協同組合経由で申し込む場合、


・ カード発行手数料として629円

・ 取扱手数料として629円/年



が発生します。


コーポレートカードと聞くと個人は申し込めない印象ですが、個人でも申し込めます。


ただし、組合に加入しても1万円の出資金、組合に加入しない場合は最低10万円(4か月分)の保証金が必要です。


ETCコーポレートカードには車両番号が登録されているため、1枚のカードを複数車両で使い回すことはできません


ETC利用料金の支払いは口座振替です。


3. 複数車両での使い回しができる「法人ETCカード」



≪画像元:ETC協同組合

個人でなく、法人や個人事業主であれば「法人ETCカード」もおすすめです。


クレジットカードの法人カードに付帯するETCカードとは全くの別物で、クレカがなくても申し込めます。


申込の際は、履歴事項全部証明書(法人)、所得税確定申告書(個人事業主)が必要です。


ETC協同組合経由で申し込む場合、


・ 出資金として1万円

・ カード発行手数料として629円


・ 取扱手数料として629円/年



が発生します。


それ以外に、請求書作成、信販会社への立替保証などに伴う毎月の手数料として、利用金額の5%(マイレージありは8%)が別途発生します。


ETCコーポレートカードとは異なり、複数車両で使い回すことが可能です。


4. ETCカード発行可能な唯一のデビット「北國Visaデビットカード」



≪画像元:北國銀行

デビットカードではETCカードを持てないと説明しましたが、唯一例外があります。


それが、北國銀行が発行する「北國Visaデビットカード」です。


15歳以上で北國銀行普通預金口座があれば年会費無料で発行可能で、審査もありません


もちろん、利用金額に対してポイントが付きます。


基本は即時決済なので、クレカの後払いに抵抗がある人でも心配いりません。


ただし、ETC利用時は即時決済とならず、ご利用日から約3~4週間後に引き落としとなります


5. レンタカーと一緒にETCカードも借りる



≪画像元:トヨタレンタカー

ほとんどのレンタカーにETC車載器は搭載されていますが、外出先でレンタカーを利用する方は一緒にETCカードもレンタルできます


トヨタレンタカーの場合、カードのレンタル料金は330円で、利用料金は返却時に精算です


ただし、カード在庫には限りがあり、実施していない店舗もあるため、確認も兼ねて事前予約をしましょう。


6. 家族のクレカで家族カードを発行→家族カードでETCカードを発行



≪画像元:NTTドコモ

これまで紹介してきた方法は、デポジットなどのコストが結構かかり、ETCマイレージも付かないことがあります


クレカ付帯のETCカードは魅力的だけど自分名義のクレカがない、という人は家族名義のクレカを活用しましょう


まず、家族名義のクレカを使って、それに付帯する「家族カード」というクレカを発行します。


家族カードの発行自体には、審査がありません


家族カードが発行されたら、その家族カードに付帯するETCカードを発行してください。


ETCカードの使い勝手は、本会員でも家族会員でも変わりありません。


家族名義のETCカードを借りるのは違反ですので、やめましょう。


初期費用を抑えるならデビット・家族カード 事業主は選択肢が豊富


今回は、クレカを持っていない人でもETCカードを発行する方法を紹介しました。


初期費用を抑えるなら、北國Visaデビットカードや家族カードがおすすめです。


ただし、北國Visaデビットカードには北國銀行の口座が必要で、北陸に住んでいない人は不便かもしれません。


家族カードは比較的ハードルが低いものの、ポイントは本会員に集約されます。


事業主は多くの選択肢がありますので、頻繁にETCを利用する人はETCコーポレートカードもアリです。(執筆者:角野 達仁)

国が料金所のETC専用化を検討 自分のクレカがなくてもETCを利用できる方法6選

《角野 達仁》

編集部おすすめのニュース

  • 高速道路料金所の「ETC専用化」を検討 国交省 画像 高速道路料金所の「ETC専用化」を検討 国交省
  • 警察庁に聞く「レベル3」法改正や注意点…警察庁 交通局 交通企画課 自動運転企画室長畠山雅英氏[インタビュー] 画像 警察庁に聞く「レベル3」法改正や注意点…警察庁 交通局 交通企画課 自動運転企画室長畠山雅英氏[インタビュー]
  • 高速道路の交通量84%に回復 自粛解除後の最初の日曜日  画像 高速道路の交通量84%に回復 自粛解除後の最初の日曜日 
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース