緊急事態解除、通勤・通学の駐車場利用が増加---東京都では宣言前の4倍 akippa

通勤・通学でのakippa利用エリア別調査
  • 通勤・通学でのakippa利用エリア別調査
  • 通勤・通学でのakippa利用エリア別調査
  • 通勤・通学でのakippa利用エリア別調査
  • 通勤・通学でのakippa利用エリア別調査

駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippaは、通勤・通学目的での駐車場利用の増加を受け、緊急事態宣言解除後に東京・大阪の中心部を中心に、通勤・通学での駐車場利用が増加しているエリアのデータを公開した。

akippaの調査によると、緊急事態宣言解除後の5月26日~6月1日は、新型コロナウイルス感染症流行前の2月に比べ、「通勤・通学」を目的とした駐車場の予約は全体で2倍以上に増加していた。エリア別の順位では、入れ替わりはあるものの、4月の緊急事態宣言発令直後と大きな変化はなく、東京都心部、大阪の中心部に集中する傾向がみられた。

東京都における予約状況について詳しくみてみると、4月に2月比で2.3倍に増加していたものが、緊急事態宣言解除後の5月末にはさらに増加し、2月の約4倍となった。都心エリア(千代田区、中央区、港区)については、4月は2月の3.5倍だったものが5月は約5倍なった。また、大阪市北区、福岡市、名古屋市など東京以外の都市部においても、2月に比べ増加している地域が多くあった。

akippaのユーザーレビューには「感染対策のため、電車から車通勤に変えた」「予約ができて安心」「支援クーポンもあり安く使えて嬉しい」といった声が寄せらたという。移動の機会が増える『新しい生活様式』において、安心して移動できる車の需要は拡大しているようだ。

akippaは、契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫・空き地・商業施設など空いているスペースに、15分単位でネット予約して駐車できるサービスだ。現在、予約駐車場サービス・駐車場シェアサービスで業界1位となる、駐車場拠点数を確保している。2020年6月現在、駐車場拠点数累計3万6000拠点を確保しており、会員数は180万人を超えた。

駐車場予約時の利用目的アンケート
●対象:利用目的が「通勤・通学」と回答したakippaユーザー
●エリア:全国
●調査対象期間:2020年2月4日(火)~6月1日(月)の予約

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

  • 車通勤が増える---新型コロナウイルス感染 駐車場予約アプリ「akippa」の利用状況 画像 車通勤が増える---新型コロナウイルス感染 駐車場予約アプリ「akippa」の利用状況
  • akippa、駐車場での無人野菜直売を開始 外出自粛による稼働率低下をカバー 画像 akippa、駐車場での無人野菜直売を開始 外出自粛による稼働率低下をカバー
  • 子育て家族向け駐車場を浜松市に開設…駐車幅はゆとりの1.5倍 大和ハウス×コンビ 画像 子育て家族向け駐車場を浜松市に開設…駐車幅はゆとりの1.5倍 大和ハウス×コンビ
  • キャッシュレス化進むも、駐車料金はいまだ6割が現金決済 パーク24調べ 画像 キャッシュレス化進むも、駐車料金はいまだ6割が現金決済 パーク24調べ

特集

おすすめのニュース