DiDi、神奈川でタクシー配車プラットフォームを提供開始 国内25エリア目

中国・DiDi社の日本法人 DiDiモビリティジャパンは、2月27日より神奈川エリアにてタクシー配車プラットフォームを提供開始する。

DiDiは、タクシー配車アプリ「DiDi Taxi」、ヒッチハイクアプリ「DiDi Hitch」、自転車シェアアプリ「DiDi Bike-Sharing」など、世界中で幅広い交通手段を提供する、世界最大級の交通プラットフォーム。現在、日本をはじめ、中国、オーストラリアなどで、5億5000万人以上にサービスを提供している。

DiDiモビリティジャパンは、タクシー配車プラットフォームサービスを提供することを目的として、Didi社とソフトバンクの共同出資で設立し、2018年9月よりサービスの提供を開始。AIを駆使したスマートなマッチング技術で乗客の利便性を高めるとともに、乗車率向上により、提携事業者の業績アップにも貢献している。

今回開始した神奈川エリアは、北海道、青森、秋田、宮城、東京、群馬、埼玉、千葉、新潟、石川、静岡、愛知、大阪、京都、滋賀、兵庫、和歌山、広島、山口、福岡、長崎、大分、宮崎、沖縄に続く国内25エリア目。神奈川エリアでは川崎市、横浜市、横須賀市、三浦市でDiDiが利用可能となる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • タクシー配車アプリ普及率はわずか2%、DeNAと日本交通が事業統合を決めた背景と狙い 画像 タクシー配車アプリ普及率はわずか2%、DeNAと日本交通が事業統合を決めた背景と狙い
  • タクシー配車アプリのMOVとJapanTaxiが統合、配車可能台数は10万台規模に  画像 タクシー配車アプリのMOVとJapanTaxiが統合、配車可能台数は10万台規模に 
  • タクシー配車アプリのDiDi、事前確定運賃を導入 画像 タクシー配車アプリのDiDi、事前確定運賃を導入
  • 日立市MaaS実証実験の相乗りタクシー、ナビタイムの「相乗り考慮巡回検索API」を活用 画像 日立市MaaS実証実験の相乗りタクシー、ナビタイムの「相乗り考慮巡回検索API」を活用

特集

おすすめのニュース