高速道路での「あおり運転」 2019年の検挙数16%増 警察庁

イメージ 《写真AC》
  • イメージ 《写真AC》
  • JVC ドライブレコーダー Everio(エブリオ) GC-TR100(参考画像)

警察庁が発表した2019年の道路交通法違反の取り締まり状況によると、高速道路でのあおり運転である「車間距離不保持」の検挙件数が前年比16.9%増の1万3797件だった。

あおり運転が大きな社会的問題となっている中、警察当局は車間距離不保持の取り締まりを強化しており、検挙件数が大幅に増えた。

2019年の告知・送検件数全体は同4.6%減の571万1488件だった。飲酒運転は同4.4%減の2万5434件、最高速度違反が同8.1%減の113万7255件だった。歩行者妨害は同26.5%増の22万9395件と急増した。

過積載は同8.2%減の8468件だった。法改正で厳罰化された運転中の携帯電話使用は同14.9%減の71万6820件と大幅に減った。

行政処分では座席ベルト装着義務違反が同13.3%減の61万1446件と大幅に減った。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 「ねぎドラプロジェクト」発足、ねぎらいの気持ちであおり運転を減らそう 画像 「ねぎドラプロジェクト」発足、ねぎらいの気持ちであおり運転を減らそう
  • 2019年自動車業界ニュース総まとめ その1…あおり運転と高齢ドライバーの暴走 画像 2019年自動車業界ニュース総まとめ その1…あおり運転と高齢ドライバーの暴走
  • 交通事故死者数、3215人で3年連続最低記録を更新 2019年 画像 交通事故死者数、3215人で3年連続最低記録を更新 2019年
  • 自動車盗が23%減と大幅マイナス---検挙率もダウン 2020年上半期 画像 自動車盗が23%減と大幅マイナス---検挙率もダウン 2020年上半期

特集

おすすめのニュース