ブリヂストン、大型バス専用タイヤ「エコピアR241」発売へ 優れた低燃費/耐偏摩耗性能を両立

ブリヂストン 大型バス専用低燃費タイヤ「エコピアR241」
  • ブリヂストン 大型バス専用低燃費タイヤ「エコピアR241」
  • タイヤの転がり抵抗を現行品と同等レベルで維持
  • 新トレッドパタン及び接地形状の最適化により、耐偏摩耗性能を改善
  • フロント装着時の偏摩耗発生の「きっかけ」を抑制

ブリヂストンは、大型バス専用低燃費タイヤ「エコピアR241」を3月より発売する。

都市間高速バスなどで使用される大型バスは、多くの人々を乗せ長距離移動するため稼働時間が長く整備が難しい上に、安全運行や乗客の快適性が求められている。また長距離を運行するために、バス事業者および整備管理者にとって燃料費等の経費削減も課題となっている。

今回発売するエコピアR241は、ゴムと補強材を均一に配置する新トレッドゴム技術「スーパーエココンパウンド」により、従来品「エコピアR221II」と同等の低燃費性能と、優れた耐偏摩耗性能を両立する。さらに、新トレッドパタンおよび接地形状最適化により、一般品「R225」対比偏摩耗発生量を30%低減し、耐摩耗性能を向上。都市間高速バス・観光バス事業者の安全運行、燃料費削減及びメンテナンス負担の軽減に貢献する。

また、タイヤサイド部には、ブリヂストンブランドの視認性を高めるため、乗用車用プレミアムタイヤ「REGNO GR-XII」に搭載している加工技術「LUX BLACK」を採用している。

発売サイズは295/80R22.5 153/150Jの1サイズで、価格はオープン。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 初出展のブリヂストン、モビリティの進化を支える次世代タイヤを展示予定…CES 2020 画像 初出展のブリヂストン、モビリティの進化を支える次世代タイヤを展示予定…CES 2020
  • ブリヂストン、新タイヤセンシング技術確立…ひずみから荷重と摩耗状態を推定 画像 ブリヂストン、新タイヤセンシング技術確立…ひずみから荷重と摩耗状態を推定
  • ダンロップ、大型バス用リブタイヤ「エナセーブ SP138」発売へ 画像 ダンロップ、大型バス用リブタイヤ「エナセーブ SP138」発売へ
  • ブリヂストン、わだちでハンドルが取られにくい小型トラック・バス用低燃費タイヤ発売へ 画像 ブリヂストン、わだちでハンドルが取られにくい小型トラック・バス用低燃費タイヤ発売へ

特集

おすすめのニュース