ポルシェ、触覚データ開発企業に出資…2020年代初めに量産車に搭載へ

ポルシェが出資したイスラエルのタクタイルモビリティ社のソフトウェアのイメージ
  • ポルシェが出資したイスラエルのタクタイルモビリティ社のソフトウェアのイメージ
  • ポルシェが出資したイスラエルのタクタイルモビリティ社の従業員

ポルシェ(Porsche)は10月29日、イスラエルのテクノロジー企業、タクタイルモビリティ社に出資した、と発表した。

タクタイルモビリティ社は、車両の触覚データ技術を開発している新興企業だ。独自のアルゴリズムによって、従来のセンサーシステムで得られる情報を上回る量の車両や道路の状態に関する情報を、収集することができるという。

他にも触覚データは、走行中の車両のタイヤと路面間の摩擦係数を評価するのに役立つ。また、バッテリーマネジメントシステムの予測サービスや最適化のアプリケーションにも利用できる。

タクタイルモビリティ社のソフトウェアは、エンジンやブレーキ、燃費など、車両の状態に関する各種データを算出する。その結果、さまざまな車両コンポーネントの摩耗状態について、知ることができる。

また、タクタイルモビリティ社のソフトウェアは、道路の状態を検知し、路面状況の変化を迅速に識別する。例えば、滑りやすい路面に遭遇する前に、車両のネットワークに指示して、対応を準備することができるという。

なおポルシェは、タクタイルモビリティ社のテクノロジーを、2020年代の初めに量産車に搭載することを目指している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース