グーグル/ウェイモ、自動運転車の公道テストを拡大…米ロサンゼルスで開始へ

グーグル/ウェイモの自動運転実験車
  • グーグル/ウェイモの自動運転実験車
  • グーグル/ウェイモの自動運転実験車

グーグル(Google)の自動運転車開発部門、ウェイモは10月7日、米国カリフォルニア州ロサンゼルスにおいて、自動運転車の公道テストを開始するとツイッターで発表した。

ウェイモは自動運転技術を利用して、人とモノの移動を安全で簡単にすることを目標に掲げている。2009年に始まったグーグルの自動運転車プロジェクト以降、ウェイモは人々の移動をより良くすることに注力している。

ウェイモはこれまで、米国内の25都市において、自動運転車の公道テストに取り組んできた。その延べ走行距離は、1000万マイルを超えている。シミュレーション環境による走行は、70億マイル以上に及ぶ。

ウェイモは今回、米国カリフォルニア州ロサンゼルスにおいて、自動運転車の公道テストを開始するとツイッターで発表した。ウェイモの技術がロサンゼルスの交通環境にどのように適合し、ロサンゼルス市の交通に対する革新的なアプローチをどのように補完するのか、調査していく、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集