フォルクスワーゲン、ピエヒ氏の死去を追悼…グループ拡大の立役者

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は8月27日、フェルディナント・ピエヒ氏が82歳で死去したことに伴い、喪に服すると発表した。

フェルディナント・ピエヒ氏は、母親がフォルクスワーゲングループ傘下のポルシェ創業者の娘という、いわば創業家出身だ。20年以上の期間、フォルクスワーゲングループの経営に、大きな影響を及ぼしてきた。しかし2015年4月、フォルクスワーゲングループ監査役の会長を辞任し、経営の一線から退いた。

フェルディナント・ピエヒ氏は1972年、アウディに入社した。1988年には、アウディのCEOに就任する。1993年には、フォルクスワーゲンのCEOに。2002年には、フォルクスワーゲングループの監査役会の会長に選出された。

フォルクスワーゲングループは、フェルディナント・ピエヒ氏の死に哀悼の意を示すために、ドイツ・ヴォルフスブルクやドレスデンなど、フォルクスワーゲングループのさまざまな施設に、半旗を掲げている。

同社のヘルベルト・ディースCEOは、「フェルディナンド・ピエヒは大胆で、起業家として一貫しており、技術的にも素晴らしかった。若いエンジニアとして、『917』やルマンの勝利などを通じて、ポルシェをブランド化した。また、クワトロやTDIエンジンなどの革新により、アウディを次の技術レベルに引き上げ、アウディをプレミアムブランドに成長させた。さらに、ランボルギーニとブガッティをグループに迎え、スカニアとMANをグループに統合した。彼の仕事に、感謝と敬意を表したい」と述べている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース