スズキ、新型船外機 DF300B を発表 フラッグシップと共通の先進技術搭載

スズキの新型船外機 DF300B
  • スズキの新型船外機 DF300B
  • スズキの新型船外機 DF300B

スズキは8月23日、先進技術を搭載した最大出力300馬力の新型船外機『DF300B』を発表した。

DF300Bは、同社船外機のフラッグシップモデル「DF350A」と共通の先進技術を、300馬力クラスの船外機に求める顧客ニーズに応えるために開発された大型船外機。レギュラーガソリン仕様で最大出力300馬力を発揮する、コンパクトな4ストロークV型6気筒4390ccエンジンを搭載する。

新機種は、反転する2枚のプロペラがエンジン出力を効率的に推進力に変換することで、高い走行性能と直進安定性を実現した、スズキ独自の二重反転プロペラ「スズキ・デュアルプロップシステム」を採用。さらにコンパクトな設計ながら大きな減速比を得られる「2ステージギアリダクション」を組み合わせることで、重量ボートにも対応可能な大きな推進力を実現した。

DF300Bは、2019年末から日本の湖西工場で生産し、北米、欧州など世界各国で順次発売していく。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集