大東建託の首都圏賃貸住宅、タイムズカーシェアを試行導入

タイムズカーシェア
  • タイムズカーシェア

タイムズ24と大東建託は、大東建託グループが管理する首都圏の賃貸住宅駐車場にて、カーシェアリングサービス「タイムズカーシェア」を8月1日より試行導入すると発表した。

試行導入するカーシェアリングサービスは、タイムズカーシェア会員であれば入居者に限らず誰でも利用可能。対象となる賃貸住宅は、渋谷区、世田谷区などで大東建託グループが管理する建物10棟で、敷地内にある駐車場に計11台のカーシェアリング車両を配備する。

タイムズカーシェアは、会員登録をすれば、全国に配備しているクルマを24時間いつでも好きな時に借りられるカーシェアリングサービス。15分単位で借りることができるため、短時間の送迎や買い物などで活用できる。

同サービスの導入は、入居者の利便性向上やオーナーの資産価値向上、周辺住民も利用可能な交通インフラの提供を通した、地域社会への貢献などが狙い。12月末までの試行期間で、カーシェアリングサービスの稼働状況やオーナー、入居者の要望などを検証し、2020年からの本格導入を検討する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集