住友ゴム、静電気によるタイヤ内部発電技術を関西大学と共同開発

タイヤ内側に取り付けた発電デバイス
  • タイヤ内側に取り付けた発電デバイス
  • 接地面での変形を利用した摩擦帯電現象

住友ゴム工業は、関西大学・谷弘詞教授と共同で、タイヤの内側に静電気を利用した発電デバイス(エナジーハーベスト)を取り付け、回転によって電力を発生させる技術を開発した。

この技術は、静電気の一種である摩擦帯電現象を応用したもので、タイヤの回転に伴う接地面での変形により、発電デバイスが効率よく電力を発生する。これを活用することで、タイヤ内側に取り付けるTPMS(タイヤ空気圧監視システム)などのセンサー類に電源供給を行えるようになるほか、将来的には各種デジタルツールの電源として活用することで、それらをバッテリー不要とすることも期待される。

《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集