ソフトバンク、ラストワンマイル物流のマッチングサービスを提供へ

イオンショッパーズ福岡店の実証実験の様子
  • イオンショッパーズ福岡店の実証実験の様子

ソフトバンクは7月2日、イオン九州とラストワンマイル物流の効率化を目指して協業すると発表した。

両社は物流の効率化を目指して、配送先まで商品を配送するラストワンマイル配送の実証実験に取り組む。協業の第1段階として6月から、夜間配送の需要調査としてイオンショッパーズ福岡店(福岡市中央区天神)のネットスーパーの注文品を、夜間22~23時を含む時間帯に配送する実験を実施している。

ネットスーパーの注文品を22時以降に夜間配送するのは、日本で初めて。配送ニーズの高い夜間にも配送することで、需要を開拓する。

第2段階では、ネットスーパーの注文品を配送する業務を、地域の配送ドライバーとマッチングするシステムの実証実験に取り組む予定。

両社は、需要に応じた配送車両手配や配送コストの最適化を実現することで、夜間も含めて、顧客ニーズに合わせた配送サービスの提供を目指す。

実証実験では、協業パートナーであるCBcloudの配送マッチングサービス「PickGo」を活用して、荷量に応じて必要な時に、必要な車両数だけを手配し、地域の登録ドライバーとマッチングして配送する。これによって22時以降の配送需要にも対応する。

両社は、イオンショッパーズ福岡店での実証実験を踏まえ、今後さらに配送対応時間の拡大を目指す。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集