『令和』になっても走り続けます…『平成』の名が付く唯一の鉄道会社が改元フリー切符 4月中旬から

4月30日の行橋発犀川行き最終列車が「平成」から「令和」を跨ぐ列車となる平成筑豊鉄道。4月30日は全列車で乗車証明書を配布するという。
  • 4月30日の行橋発犀川行き最終列車が「平成」から「令和」を跨ぐ列車となる平成筑豊鉄道。4月30日は全列車で乗車証明書を配布するという。

福岡県の平成筑豊鉄道は4月1日、『平成』から『令和』への改元を記念した1日乗車券を4月中旬から発売すると発表した。

平成筑豊鉄道は、平成元年10月1日にJR九州から伊田線、糸田線、田川線を承継して開業。会社名にある平成時代はまもなく終わりを告げるが、令和時代になっても走り続けていくという意を込めて「『平成から令和へ』記念1日フリー乗車券」が発売されることになった。

金田(かなだ)駅のみで10月31日まで発売され、発売額は1000円。発売枚数は10月1日開業にちなんで1001枚で、10月31日までの任意の日に利用できる。購入の際は、有効日の押印を「平成31年4月30日」または「令和元年5月1日」とすることも可能。

このほか、4月中旬から開業当初の塗色となった400形412号の前後に記念のヘッドマークを掲出。平成最後の日となる4月30日の行橋23時53分発犀川行き447Dは、平成と令和を跨ぐ列車となるため、ヘッドマークが掲出され、車掌によるカウントダウンや限定乗車証明書の配布が行なわれる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 「令和 初日の出」の出現確率を予測…三菱自動車 画像 「令和 初日の出」の出現確率を予測…三菱自動車
  • 新元号「令和」の企業はゼロ、2019年4月1日現在 画像 新元号「令和」の企業はゼロ、2019年4月1日現在
  • 新元号「令和」以外の候補---「英弘」「広至」「万和」など[新聞ウォッチ] 画像 新元号「令和」以外の候補---「英弘」「広至」「万和」など[新聞ウォッチ]
  • 福岡県の平成筑豊鉄道にも観光列車…ゆっくり走る、おいしく楽しい『ことこと列車』 2019年3月 画像 福岡県の平成筑豊鉄道にも観光列車…ゆっくり走る、おいしく楽しい『ことこと列車』 2019年3月

特集