高速初のイスラム教徒向け礼拝スペース、足柄SAなどに設置へ ノンポークメニューも

ガパオライス 680円
  • ガパオライス 680円
  • 鶏もも肉のピリ辛丼 1000円
  • ベジタリアンカレー 780円

NEXCO中日本のグループ会社、中日本エクシスは、ムスリム(イスラム教徒)をもてなすため、高速道路初となる礼拝スペースを、3月26日より運営する3つのサービスエリア(SA)に開設する。

開設場所は東名高速 EXPASA足柄SA(下り線・3月26日)、浜名湖SA(集約・3月26日)、中央道 諏訪湖SA(下り線・3月27日)の3か所。また、礼拝スペースの開設とともに、ムスリムの利用客が食事を楽しめるよう、ノンポーク・ノンアルコールメニューの販売も開始し、ムスリムの受入環境を整備する。

今年はラグビーワールドカップが開催され、2020年には東京オリンピック・パラリンピックも控えていることから、今後高速道路を利用するインバウンドが増加することが見込まれる。中日本エクシスではムスリムをはじめ、食事に制限のある人たちなど多様な人々が快適に旅行できる環境を整備していく。

なお、今回販売するメニューの一部は、相模女子大学との産学連携により、学生たちによるムスリムの嗜好や動向等調査と、その結果を基に考案したレシピをアレンジしたものを採用。ムスリムだけでなく日本人も楽しめるメニューとなっている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • JR東日本、東京駅にムスリム向けの祈とう室を開設 6月5日 画像 JR東日本、東京駅にムスリム向けの祈とう室を開設 6月5日
  • 「昇龍道バイクツアー」に米レンタルバイク会社を招待 インバウンド誘客を推進 画像 「昇龍道バイクツアー」に米レンタルバイク会社を招待 インバウンド誘客を推進
  • オリックス自動車、欧州大手レンタカー会社と提携 インバウンドの需要取り込みへ 画像 オリックス自動車、欧州大手レンタカー会社と提携 インバウンドの需要取り込みへ
  • ヤマト運輸×全但バス、インバウンド向けに手ぶら観光サービスを開始 客貨混載を活用 画像 ヤマト運輸×全但バス、インバウンド向けに手ぶら観光サービスを開始 客貨混載を活用
  • UPR、中国・アリペイ対応のマルチ決済端末を発売 インバウンド需要取り込みを支援 画像 UPR、中国・アリペイ対応のマルチ決済端末を発売 インバウンド需要取り込みを支援

特集

おすすめのニュース