ヤマハ トリシティ125、新色マットペールブルーを追加

ヤマハ トリシティ125
  • ヤマハ トリシティ125
  • ヤマハ トリシティ125(マットペールブルー)
  • ヤマハ トリシティ125(マットペールブルー)
  • ヤマハ トリシティ125(マットペールブルー)
  • ヤマハ トリシティ125(マットグレー)
  • ヤマハ トリシティ125(マットグレー)
  • ヤマハ トリシティ125(マットグレー)
  • ヤマハ トリシティ125(マットグレー)

ヤマハ発動機は、フロント二輪のオートマチックコミューター『トリシティ125』『トリシティ125 ABS』のカラーリングを変更し、3月20日より発売する。

トリシティ125はフロント二輪、リア一輪のLMW(Leaning Multi Wheel)機構を採用するコミューターモデル。最高出力12ps、最大トルク12Nmを発生する124cc BLUE COREエンジンを搭載し、ゆとりのある乗り心地やスムーズなハンドリングを実現する。

新色は上質感のある「マットペールブルー」で、LMWの魅力であるフロント二輪の軽快さを表現している。なお、トリシティ125とトリシティ125 ABSのカラーリングは共通となり、ラインアップは新色に加え、従来のトリシティ125で採用していた「ホワイト」「マットグレー」の3色展開となる。

価格はトリシティ125 ABSが45万3600円、トリシティ125が41万5800円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ヤマハ トリシティ155 ABS、初のマイナーチェンジ 新シート採用で足つき性向上 画像 ヤマハ トリシティ155 ABS、初のマイナーチェンジ 新シート採用で足つき性向上
  • ヤマハ発動機、300ccエンジン搭載のLMWプロトタイプを出展へ…EICMA 2018 画像 ヤマハ発動機、300ccエンジン搭載のLMWプロトタイプを出展へ…EICMA 2018
  • 【ヤマハ ナイケン 試乗】「Uターンのしやすさ」にみたLMWの神髄とは…佐川健太郎 画像 【ヤマハ ナイケン 試乗】「Uターンのしやすさ」にみたLMWの神髄とは…佐川健太郎
  • 1970年代に一世を風靡、カワサキマッハの決定版が登場 画像 1970年代に一世を風靡、カワサキマッハの決定版が登場
  • カワサキ、Ninja ZX-10R シリーズ3モデルを3月1日より発売 206万2800円より 画像 カワサキ、Ninja ZX-10R シリーズ3モデルを3月1日より発売 206万2800円より

特集

おすすめのニュース