信号機のセンサーが自転車や歩行者を検出しドライバーに警告、VWがV2Xの公道実験

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は10月4日、信号機のセンサーが自転車や歩行者を検出し、ドライバーに警告するシステムの公道実験をドイツで開始した、と発表した。

フォルクスワーゲングループは2019年以降のすべての新車に、「V2X」(車車間通信および路車間通信)技術を搭載する予定。これは、交通事故を減らすフォルクスワーゲングループの取り組みのひとつ。V2X技術をコンパクトカーから商用車まで、フォルクスワーゲングループ全車に標準装備することで、道路の安全性を大幅に向上させることを目指す。

今回、フォルクスワーゲングループがドイツ・ヴォルフスブルク市で開始した公道実験には、シーメンスが参画。V2Xの無線通信規格「WLANp」を導入して、信号機などの交通インフラと車両が通信できる信頼性の高いシステムの構築を図っていく。

フォルクスワーゲングループによると、レーダーセンサー技術を採用した信号では、歩行者や自転車の検出精度が大幅に向上するという。公道実験では、10本の信号機にレーダーセンサーを取り付け、自転車や歩行者を検出。その情報をWLANpを利用して、V2X技術を搭載した車両に送信。自転車や歩行者の存在をドライバーに警告する、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース