ソフトバンク、5Gを活用したトラック隊列走行や遠隔操作の実証実験を実施へ

自動車 テクノロジー ITS
ソフトバンクのWebサイト
  • ソフトバンクのWebサイト
ソフトバンクは、トラック隊列走行の実用化に向けて隊列走行時における車両間の通信と車両と運行管制センター間の通信に、第5世代移動通信システム(5G)を活用した実験を実施する。

今回の実験は、トラック隊列走行と車両の遠隔監視、遠隔制御に5Gを活用する技術の検証が目的。

「モニター映像」(大容量)と「制御メッセージ」(小容量)という大きさが異なるデータを、それぞれ5Gを使って送受信し、無線区間で1ms以下、コアネットワークを含む「ネットワークEnd-to-End」で10ms(100分の1秒)以下の低遅延と、正確なデータを確実に送受信する高信頼性を実証する。

具体的には、トラック隊列走行時の左右後方の安全確認のため、後続車両に搭載されたカメラによるモニター映像を先頭車両に配信する。先頭車両の運転手が操作したアクセルやブレーキ、ハンドル操作など、後続車両の運転を制御するための制御メッセージを送受信する。

走行車両のモニター映像を、遠隔地の運行管制センターへ配信する。遠隔地の運行管制センターから走行車両へ、「緊急停止」などの制御メッセージを送信する。

実験場所は茨城県、静岡県、山口県。

実証は、総務省の「高速移動時において無線区間1ms、End-to-Endで10msの低遅延通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討」で、同省から請負人に選定されたのを受けて実施するもの。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集