PSAグループ全車、燃費や排ガス計測の世界新基準「WLTP」に適合

自動車 ビジネス 企業動向
PSAグループ各車
  • PSAグループ各車
  • オペル・アストラ
PSAグループは8月29日、プジョー、シトロエン、DS、オペル(ボクスホール)の全ブランドの乗用車が、燃費や排ガス計測の世界新基準「WLTP」に適合した、と発表した。

WLTPは、国際連合が定めた乗用車などの国際調和排出ガス・燃費試験法。乗用車や小型商用車の燃費、CO2や大気汚染物質の排出量について、国際的な標準試験方法を定めたもの。

欧州では1992年から、燃費やCO2に関して、NEDC(ニュー・ヨーロッパ・ドライビング・サイクル)と呼ばれる計測方法を導入してきた。これを順次、より実走行に近いテスト結果となるWLTPに切り替えている。

PSAグループは今回、プジョー、シトロエン、DS、オペル(ボクスフォール)の全ブランドの乗用車が、WLTPに適合したと発表。燃費や排出ガス性能が、独立した第三者機関の認証を受けたという。

PSAグループは、実際の運転条件における1000車種以上の燃費データを公表することで、独自の透明性を実証した、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集