豊田合成、中国の地域統括会社を持株会社へ変更

自動車 ビジネス 海外マーケット
豊田合成は8月24日、中国におけるグループ内組織再編に向けて地域統括会社「豊田合成(上海)管理有限公司」の会社形態を管理性公司から投資性公司(持株会社)へ変更すると発表した。

今回の会社形態変更は、中国市場での事業拡大に向けて、同地域内における経営判断を迅速化し、効率的な事業運営を推進することが目的。また、これに伴い、地域統括会社の社名を「豊田合成(中国)投資有限公司」へと変更する。

なお、会社形態と社名の変更時期は2018年12月を予定。今後、中国の主要な生産子会社の株式(当社持分)を同社へ譲渡または現物出資することを検討していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 日本・中国で電動車両の超急速充電規格を共同開発で合意 2020年に900kW 画像 日本・中国で電動車両の超急速充電規格を共同開発で合意 2020年に900kW
  • 旭化成、中国2社がリチウムイオン二次電池用セパレータ特許侵害で提訴 画像 旭化成、中国2社がリチウムイオン二次電池用セパレータ特許侵害で提訴
  • ケーヒン、中国・上海に電動車用製品の新営業拠点を開設 画像 ケーヒン、中国・上海に電動車用製品の新営業拠点を開設
  • オークネット、中国・車委会と中古車オークション事業で業務提携 画像 オークネット、中国・車委会と中古車オークション事業で業務提携

特集