新型ハイパーカー『ミランレッド』発表、1325psで最高速400km/h以上

自動車 ニューモデル 新型車
ミランオートモーティブの新型ハイパーカー、ミランレッド
  • ミランオートモーティブの新型ハイパーカー、ミランレッド
  • ミランオートモーティブの新型ハイパーカー、ミランレッド
  • ミランオートモーティブの新型ハイパーカー、ミランレッド
  • ミランオートモーティブの新型ハイパーカー、ミランレッド
  • ミランオートモーティブの新型ハイパーカー、ミランレッド
  • ミランオートモーティブの新型ハイパーカー、ミランレッド
オーストリアに本拠を置くミランオートモーティブは7月30日、新型ハイパーカーの『ミランレッド』を発表した。

ミランオートモーティブは、オーストリア出身のマルクス・フックス氏が立ち上げた新興自動車メーカー。同社の最初の市販車が、ミランレッド。オーストリア唯一のハイパーカーが、ミランレッドとなる。

有名な猛禽類にちなんで名づけられたミランレッドだけに、パワートレーンは強力。6.2リットルV型8気筒ガソリンエンジンを、4個のターボで過給。最大出力1325psを発生する。

ミランレッドは、公道走行可能車としては世界で初めて、サスペンションのウィッシュボーン全体をカーボンファイバー製に。車両重量は1300kgに抑えられ、0~100km/h加速2.47秒、最高速400km/h以上のパフォーマンスを可能にする。

ミランレッドは99台を限定生産する計画。価格はおよそ200万ユーロ(約2億6000万円)。同社は、すでに18名から予約受注を獲得した、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース