マツダ、国内生産累計5000万台達成 86年7か月で

自動車 ビジネス 企業動向
CA型四輪トラック(1950年発売)
  • CA型四輪トラック(1950年発売)
  • R360クーペ(1960年発売)
  • コスモスポーツ(1967年発売)
  • 初代サバンナRX-7(1978年発売)
  • 5代目ファミリア(1980年発売
  • マツダ宇品工場
マツダは、国内生産累計台数5000万台を5月15日に達成したと発表した。5000万台達成は、1931年10月に三輪トラックの生産を開始して以来、86年7か月での達成となる。

マツダは国内生産累計台数5000万台達成に伴い5月28日、防府工場で小飼雅道社長兼CEOをはじめ、役員、労働組合関係者らが出席する記念セレモニーを実施。セレモニーで小飼社長は「今から86年前に自動車を造りはじめ、この度国内生産累計5000万台を達成した。年間で約100万台を生産しても50年を要する計算となり、いかに長い歴史を積み重ねてきたかを示している。今後もマツダは、さまざまな取り組みを通じて、強固なブランドの構築を図っていく」と述べた。

マツダは1931年に広島で三輪トラックの生産を開始し、自動車生産の歴史に幕を開けた。その後、1960年に軽自動車『R360クーペ』の生産を開始し、乗用車市場に本格参入。1982年には防府工場における車両生産が始まり、以降国内では広島の本社工場と防府工場の2拠点で生産を行っている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集