京都を五感で感じる特急…阪急京都線『京とれいん』に2編成目が登場へ

鉄道 企業動向

現在運行中の『京とれいん』。6両編成で2両ずつ異なる車内デザインが特徴。
  • 現在運行中の『京とれいん』。6両編成で2両ずつ異なる車内デザインが特徴。
阪急電鉄(阪急)は5月22日、京都線で運行している観光特急『京とれいん』に2編成目を導入することを明らかにした。近年増加している訪日観光客向けインバウンド施策の一環として導入される。

『京とれいん』は、京都を訪問する観光客向けに、2011年3月から土休日に梅田~河原町間で4往復が運行されている。6300系電車を改造した6両編成に「和モダン・京町家風」の車内デザイン施し、好評を得ている。

新たに登場する2編成目は「ご乗車になられたときから京都」をコンセプトに、7000系電車を改造するもので、現行の『京とれいん』のイメージを引き継ぎ、京都を五感で感じ取れるデザインが施されるという。車両の詳細や運行開始日などは今秋に発表される予定。

なお、この『京とれいん』と京都線の特急で運用されている9300系電車では、今秋から阪急初の無料WiFiサービスが導入されることになっている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集