神戸電鉄1000系の戦後復興期塗色を公開…無料の特別列車が谷上-岡場間を1往復 5月19日

鉄道 企業動向
1000系1151編成に施されるスプリンググリーンとシルバーグレーの旧塗色。写真はクハ131形。
  • 1000系1151編成に施されるスプリンググリーンとシルバーグレーの旧塗色。写真はクハ131形。
兵庫県の神戸電鉄は5月19日、開業90周年を記念して運行するメモリアルトレインのデビューイベントを、谷上駅(神戸市北区)1・2番線ホームで開催する。開催時間は10時から12時45分まで。

神戸電鉄のメモリアルトレインは、オレンジとアイボリーのツートンカラーとなっている1000系電車に旧塗色を施すもので、今回デビューする車両は、1950~1960年代の戦後復興期に使われていたスプリンググリーンとシルバーグレーのツートンカラーを施した3両編成の1151編成。

当日は、10時から11時50分まで2番線ホームで1151編成を展示し、車内では「90年の歴史展」が行なわれる。11時50分から12時まで出発式を開催した後、谷上~岡場間で1往復の特別列車が運行される。

この列車には無料で乗車できるが、定員は先着120人。乗車時間は45分で、岡場駅では下車できない。乗車受付は10時から行なわれる。

このほか、来場者のうち先着1000人に記念硬券を配布する。

1151編成の通常運行は5月20日から開始され、7月下旬には高度成長期の1960~1980年代に使われていたオレンジとシルバーグレーのツートンカラーを施した1357編成も登場する予定。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集