阿武隈急行が全線開業30周年記念イベント…25年ぶりに車両基地を公開 7月1日

鉄道 エンタメ・イベント

全線開業30周年記念イベントの告知。
  • 全線開業30周年記念イベントの告知。
槻木(つきのき)駅(宮城県柴田町)と福島駅(福島県福島市)を結ぶ阿武隈急行は7月1日、全線開業30周年を記念した「大感謝まつり」を梁川駅(福島県伊達市)周辺で開催する。開催時間は9時50分から15時まで。

阿武隈急行は、1986年7月に国鉄丸森線槻木~丸森間と丸森線の未着工区間(丸森~福島間)を承継して開業。当時は電化されていなかったため、国鉄からキハ22形気動車を借り入れて運行していた。

未着工区間は、1985年3月に電化工事と合わせて着工しており、1988年7月には全線が交流電化で開業した。

今回のイベントはそれから30年を迎えることを記念したもので、当日は25年ぶりに車両基地が開放され、国鉄色に復元したA417系電車(2016年に引退した元JR東日本417系電車)の展示や電車運転、保守点検車両の実演、鉄道部品の販売などが行なわれる。梁川駅~車両基地間ではシャトル列車が運行される。

また、記念式典のひとつとして、2018年度に投入が予定されている、8100系に代わる新型車両のデザインや新キャラクターも発表される。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集