米国生まれのPlug and Play、ベンチャー企業のスタートアップを支援…モビリティでも大企業との架け橋に

自動車 ニューモデル モビリティ
Plug and Playジャパンの江原伸悟ディレクター
  • Plug and Playジャパンの江原伸悟ディレクター
  • Plug and playジャパンのプロジェクトに参画しているパートナー企業一覧
東京都渋谷区道玄坂にあるPlug and Playジャパンのオフィスでは、ベンチャー企業の幹部や大企業の新規事業担当者が思い思いに仕事をしている。その数は100人以上で、みな若い。ガラスで仕切られた部屋では会議も行われている。

同社は米国シリコンバレーに本社があるPlug and Playの日本法人だ。2006年にイラン人のサイード・アミディ氏によって設立されたPlug and Playは現在、世界10カ国に26拠点を持ち、ベンチャー企業のスタートアップ支援を行っている。日本法人は25番目の拠点で、2017年7月に設立された。

そのモットーは究極のスタートアップエコシステムをつくること。つまりスタートアップの成功を実現するためにさまざまなサポートを行っていくということだ。そのために、同社はベンチャーキャピタルとしてベンチャー企業に投資していくという顔と、大企業とベンチャー企業を繋ぐ架け橋としての顔の2つを持っている。

「ここでは、ベンチャー企業が活躍できる環境を大学、政府、企業を結びつけながらつくるようにしています。採択されたベンチャー企業は登記登録をはじめ、経営アドバイス、事業ノウハウなどビジネスをやるに当たってのさまざまなサポートが受けられます。また、日本、海外を問わずPlug and Playのオフィスを無料で利用できるようになっています」と日本法人の江原伸悟ディレクターは説明する。

現在、同社の試みに賛同して参加費を払って参画しているパートナー企業は、三菱UFJ銀行、東急不動産、SOMPOホールディングス、パナソニック、電通、富士通、フジクラ、ADK、デンソー、日本生命、日産自動車、日本通運の12社。それらの企業のニーズに合うよう形でベンチャー企業がプログラムで採択されるようになっているそうだ。文字通り、大企業に代わってこれはというベンチャー企業を探してあげているわけだ。

3月末に締め切ったアクセラレーションプログラムでは、フィンテック、IoT、インシュアテック、モビリティのテーマでそれぞれ10社、計40社が採択される予定だ。モビリティでは日産自動車やデンソーの希望に合うようなベンチャー企業が選ばれているとのことだ。

「5月24日にそのベンチャー企業を発表することになっているので、今は言えませんが、その半数は海外のベンチャー企業になっています。パートナー企業はそれらの企業に優先的にアプローチできるのです」と江原ディレクターは話し、こう付け加える。

「うちの強みは欧米など世界にネットワークがあるということです。海外のベンチャーを日本に連れてきたり、日本のベンチャー企業を海外に送ることができるのです」

同社では、「日本で一番海外ベンチャーに会える場所」をキャッチフレーズに掲げ、海外の有望なベンチャー企業を誘致している。そして、これらのベンチャー企業と大企業を結びつけようと考えている。また、これによって日本のベンチャー企業も大きな刺激を受けることは間違いない。数年後、Plug and Playのプログラムをきっかけに、新たなイノベーションが生まれているかもしれない。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース