BMWグループ、純利益は1.2%増 2018年第1四半期決算

自動車 ビジネス 企業動向
BMW5シリーズ
  • BMW5シリーズ
  • MINI 5ドアハッチバック
  • ロールスロイス・ファントム
BMWグループは、2018年第1四半期(1~3月)の決算を公表した。

同社の発表によると、MINIやロールスロイスを含めたグループ全体の総売上高は、226億9400万ユーロ(約2兆9660億円)。前年同期の239億2600万ユーロに対して、5.1%減とマイナスに転じた。

一方、第1四半期の純利益は、23億0100万ユーロ(約3010億円)。前年同期の22億7400万ユーロに対して、1.2%増と前年実績を上回ったものの、伸び率がひと桁台に鈍化している。

第1四半期業績が減収となり、収益の伸び率が鈍化したのは、為替相場の影響。そんな中、利益率は9.7%と前年同期に対して、0.3ポイント上昇した。

BMWグループ取締役会のハラルド・クルーガー会長は、「BMWグループ2017年、世界で最も収益性の高い自動車メーカーだった。2018年も再び、このペースを加速していく」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集