横浜市営地下鉄グリーンラインに10周年装飾…ヘッドマークも取付け 2月25日から

鉄道 企業動向

グリーンとクリームの2色で横浜市電のレトロ感を出すグリーンライン10000形の10周年記念装飾列車(イメージ)。
  • グリーンとクリームの2色で横浜市電のレトロ感を出すグリーンライン10000形の10周年記念装飾列車(イメージ)。
横浜市交通局は、中山駅(横浜市緑区)と日吉駅(横浜市港北区)を結ぶグリーンラインが、2008年3月に開業してから今年で10周年を迎えることを記念した装飾列車を、2月25日から運行する。

グリーンラインの開業時に登場した10000形電車に、かつての横浜市電をモチーフにしたラッピングを施したもので、運行初日は、次の時刻で運行される。

中山発12時26分・13時45分・14時36分・15時25分・16時16分・17時04分・17時56分・18時49分・19時41分・20時34分・21時29分・22時20分・23時20分。

日吉発13時21分・14時10分・15時01分・15時51分・16時39分・17時30分・18時23分・19時15分・20時08分・21時・21時56分・22時56分・23時44分。

2月26日以降の時刻については、横浜市交通局のウェブサイトで確認できる。

なお、2月25日は、中山駅で12時から12時26分まで、日吉駅で12時47分から13時21分まで、装飾列車を展示する。

また、2月25日から4月27日までは、10000形全編成に10周年のロゴマークをデザインしたヘッドマークを順次、取り付ける。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集