トヨタ紡織、開発費増加などで6期ぶりの営業減益 4-12月期決算

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ紡織(イメージ)
  • トヨタ紡織(イメージ)
トヨタ紡織は2月2日、2017年4~12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表。営業利益は前年同期比6.3%減の494億円で、6期ぶりの減益となった。

欧州地域などでの生産台数の増加により、売上高は前年同期比3.2%増の1兆330億円で、2期ぶりの増収となった。利益については、増産の影響や合理化などの増益要因はあったが、新製品開発や将来に向けた取り組みのための労務費、経費の増加などにより、営業利益は同6.3%減の494億円、経常利益は同5.4%減の518億円、ともに6期ぶりの減益。四半期純利益は、法人税の減少などで同3.1%増の285億円、3期連続の増益となった。

今期の連結業績見通しは、車種構成の変化などを踏まえて上方修正。売上高は前回予想比400億円の1兆3900億円、営業利益は同30億円増の660億円、経常利益は同50億円増の690億円、純利益は同10億円増の410億円とした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集