制服コンテストの最終選考に会津鉄道がノミネート 2月28日までウェブ投票で決定

鉄道 エンタメ・イベント
鉄道むすめシリーズの「大川まあや」のモデルにもなった会津鉄道アテンダントの制服。会津鉄道のエントリーナンバーは16で、投票を呼びかけている。
  • 鉄道むすめシリーズの「大川まあや」のモデルにもなった会津鉄道アテンダントの制服。会津鉄道のエントリーナンバーは16で、投票を呼びかけている。
福島県の西若松駅(会津若松市)と会津高原尾瀬口駅(南会津町)を結ぶ会津鉄道は2月2日、女性アテンダント用の制服が「ベストドレッサーカンパニーアワード2018」の最終選考にノミネートされたことを明らかにした。

「ベストドレッサーカンパニーアワード」は、オフィスレディースユニフォームカタログの販売を行なっているアパレルメーカーが1992年12月に共同で発足させた「レディースユニフォーム協議会」により、2015年から行なっている制服コンテスト。

毎年2月4日を「レディースユニフォームの日」と定め、ウェブ上で写真とコメントによる投票で、ベストドレッサーカンパニーを決定している。

一次選考では会津鉄道を含む20社が選ばれており、投票は2月28日までレディースユニフォーム協議会のウェブサイトで受け付けている。ベストドレッサーカンパニーの発表は3月末を予定している。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集