トヨタ、新型教習車を発売…ベースはアクシオ

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ教習車
  • トヨタ教習車
  • トヨタ教習車
  • 指導員用センターパネル
  • トヨタ教習車
  • トヨタ教習車
  • トヨタ教習車
  • トヨタ教習車
トヨタ自動車は、新型の教習車(トヨタ教習車)を開発し、全国のトヨペット店を通じて2月1日に発売した。

新型教習車は1.5リットルエンジンを搭載する『カローラアクシオ』をベースに、フロントピラーの形状を細くすることで、ワイドで良好な運転視界を確保。また、位置感覚の目安となるセンターマークをインストルメントパネル中央に配置するとともに、体格に合わせたドライビングポジションの設定を可能にすることで、正しい運転姿勢での安全教習に貢献する。

また、指導員が教習生の運転を確認するための指導員用インジケーターランプ(サイドターン&ブレーキ)、後方視界を確保する指導員用ドアミラーなどを標準装備することで、教習車としての機能を向上。被視認性の高いLEDランプ付リヤコンビネーションランプやハイマウントストップランプを採用するとともに、急ブレーキをかけるとハザードランプが自動的に点滅し後続車に注意を促す緊急ブレーキシグナルを搭載することで、安全性も確保している。

外板色はスーパーホワイトII、シルバーメタリック、ブラックマイカ、アバンギャルドブロンズメタリックの全4色を設定。販売店装着オプションも多数用意した。

価格は5速MTが187万5960円、CVTが194万2920円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集