シュコダが電動SUVコンセプト、ジュネーブモーターショー2018で公開へ

エコカー EV

シュコダ・ビジョンX
  • シュコダ・ビジョンX
  • シュコダ・ビジョンX
フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは2月1日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、『ビジョンX』を初公開すると発表した。

ビジョンXは、シュコダが次世代クロスオーバー車を提案するコンセプトカー。シュコダのSUVラインナップに、将来加わる第3のモデルを示唆している。

ビジョンXの外観は、伝統的なチェコのガラス工芸にインスパイア。大きなパノラマのガラスルーフと20インチのアルミホイールを採用する。インテリアには、カットされたクリスタルガラスが用いられた。

ビジョンXは、電動パワートレーンを搭載。シュコダは2025年までビジョンXに、EVとプラグインハイブリッド車(PHV)をラインナップする予定。そして、世界販売の4台に1台を、電動パワートレーン車にする目標を掲げている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集