マイレール、駅にキャッチコピー…肥薩おれんじ鉄道が3駅分を投票で決定 12月22日まで

鉄道 企業動向
薩摩高城駅のキャッチコピー候補とそのコンセプト。
  • 薩摩高城駅のキャッチコピー候補とそのコンセプト。
  • 牛ノ浜駅のキャッチコピー候補とそのコンセプト。
  • 野田郷駅のキャッチコピー候補とそのコンセプト。
八代駅(熊本県八代市)と川内駅(鹿児島県薩摩川内市)を結ぶ肥薩おれんじ鉄道は、12月22日まで、駅に付けるキャッチコピーを決めるための投票を実施している。

鹿児島県内の薩摩高城駅(薩摩川内市)、牛ノ浜駅(阿久根市)、野田郷駅(出水市)にキャッチコピーを付けることで、マイレール意識の醸成と利用率の向上を図ろうというもの。地域住民や観光・商工団体、地域おこし協力隊らが作成した、AからGまで7つのキャッチコピー候補のうち、駅ごとにひとつを投票する。各駅で候補となっているキャッチコピーは次のとおり。

薩摩高城駅=「あの人も愛したプライベートスパ。ここから10分」(候補A)、「おれんじに輝く夕日が西郷さんとあなたのハートにロック※オン」(※はハートマーク)(候補B)。

牛ノ浜駅=「おれんじが 見事に輝くこの夕日 阿久根の絶景 牛之浜」(候補C)、「牛ノ浜(ここ)よりもきれいな夕日(パノラマ)観てみたい」(候補D)。

野田郷駅=「おかえり、島津の故郷(ふるさと)へ」(候補E)、「なんだかんだ これでいい野田!」(候補F)、「ようこそ、緑がきれいな野田郷駅へ」(候補G)。

投票は「肥薩おれんじ鉄道駅キャッチコピー投票」のウェブサイト、または川内・阿久根・野田郷・西出水・出水・水俣・佐敷・肥後田浦・日奈久温泉・八代の各駅窓口で行なっており、最多得票を得た候補がキャッチコピーに選ばれる。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集