「年末年始の輸送等に関する安全総点検」を実施、乗務員の指導監督などに重点

自動車 社会 行政
年末年始の輸送等に関する安全総点検
  • 年末年始の輸送等に関する安全総点検
国土交通省は、多客繁忙期である年末年始に、陸・海・空の輸送機関が安全対策の実施状況を自主的な点検を促進する「年末年始の輸送等に関する安全総点検」を12月10日から2018年1月10日まで展開すると発表した。

鉄軌道交通、自動車交通、海上交通、航空交通、利用運送業、気象業務が、安全管理・安全対策などの実施状況や関係法令遵守状況、施設の点検整備状況を自主点検するもの。

今年度の総点検では、乗務員の健康状態、過労状態の確実な把握、乗務員に対する指導監督体制の実施状況や、自然災害、事故発生時の乗客の安全確保のための通報・連絡・指示体制の整備・構築状況に重点を置く。

また、テロ防止のための警戒体制の整備状況や乗客の安心確保のための取組、テロ発生時の通報・連絡・指示体制の整備状況とテロ発生を想定した訓練の実施状況、新型インフルエンザ対策の実施状況についての点検も促進する。

国土交通省は、各輸送機関に適切な点検を行うよう指導するほか、期間内に現地確認を実施する。


知られざる「道の駅」、地域性やマニア出現…ゼンリンの“その道のプロ”が語った
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集