トヨタ紡織、オートニウム、日本特殊塗料の3社、自動車の騒音・振動を評価する合弁会社を新設

自動車 ビジネス 企業動向

左からトヨタ紡織 石井社長、オートニウム ヒルツェルCEO、日本特殊塗料 酒井社長
  • 左からトヨタ紡織 石井社長、オートニウム ヒルツェルCEO、日本特殊塗料 酒井社長
トヨタ紡織は、スイスのオートニウム、日本特殊塗料と従来の自動車のNV(騒音・振動)評価・解析する合弁会社を設立することで合意した。

自動車内装部品をトータルで開発するトヨタ紡織と、自動車防音部品分野で世界有数の音響技術を持つオートニウムと日本特殊塗料の3社は2012年に提携し様々なテーマについて協業してきた。

3社の協力関係を発展させる形で、2017年度中に合弁会社を設立し、トヨタ紡織の大口工場の建屋・設備を活用して、トヨタ自動車をはじめとする自動車メーカー向け内外装システムのNV評価・解析、先行開発を行う。

合弁会社は「ATNオートアコースティックス」で資本金は1億円、トヨタ紡織が49%、日本特殊塗料が26%、オートニウムが25%出資する。10人程度でスタートし、規模に応じて人員を増やしていく。

3社の専門的な技術開発力を融合することで自動車メーカーから評価・解析業務の受託を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集