テスラ、社債発行で15億ドル調達へ…モデル3 増産に充当

エコカー EV

テスラ モデル3
  • テスラ モデル3
  • テスラ モデル3
  • テスラ モデル3
  • テスラ モデル3
米国のEVメーカー、テスラは8月7日、新たな社債を発行し、15億ドル(約1660億円)の資金を調達する計画を発表した。

今回の社債発行は、新型EV、『モデル3』の増産に向けての対応。テスラは2017年第3四半期(7~9月)、モデル3の生産能力を週あたり1500台以上へ増強。以降、2017年末の時点で週あたり5000台、2018年には週あたり1万台へ引き上げることを目指している。

テスラは社債発行で得られる見通しの15億ドルの資金を、モデル3を組み立てているカリフォルニア州フリーモント工場の設備の改修などに充当していく。

テスラは8月2日、2017年第2四半期(4~6月)の決算を公表。売上高は前年同期のおよそ2.2倍の27億8956万ドルに増えたが、最終損益は3億3640万ドルの赤字と、赤字幅が拡大している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集