クルマが無人滑走、建物に突っ込む---適切な駐車措置を怠る

自動車 社会 社会

19日午後1時ごろ、青森県青森市内の市道で、路上駐車していたワゴン車が無人のまま滑走。交差点を挟んで反対側にある建物1階部分の店舗に突っ込む事故が起きた。人的被害は無かったという。運転者が適切な駐車操作を怠ったものとみられている。

青森県警・青森署によると、現場は青森市新町2丁目付近。ワゴン車は道路左側の路肩に駐車されていたが、無人の状態で滑走を開始。前方にある片側1車線の交差点を越え、反対側にある建物1階部分の靴店に突っ込んだ。

クルマはショーウインドウを破壊した状態で停止。通行人も多い時間帯だったが、クルマの滑走速度が遅かったことから回避しており、店内の客や従業員を含めて人的な被害は無かった。警察はクルマを運転していた同市内に在住する43歳の男性から基部損壊などの容疑で事情を聞いている。

クルマはオートマチック車で、事故当時はシフトがドライブ位置に入ったままだった。聴取に対して男性は「シフトをパーキング位置に入れないままクルマから離れてしまった」などと供述しているようだ。警察では適切な駐車措置を怠ったことが事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集