ミシュランのコンセプトタイヤ…3Dプリンターでトレッド面を補充

自動車 ビジネス 企業動向

ミシュラン・ビジョナリー コンセプト
  • ミシュラン・ビジョナリー コンセプト
  • ミシュラン・ビジョナリー コンセプト
フランスに本拠を置くタイヤ製造大手、ミシュランは6月14日、カナダのモントリオールで開催した「MOVIN'ON 2017」において、3Dプリンターでトレッド面を補充するタイヤ、『ビジョナリーコンセプト』を発表した。

ビジョナリーコンセプトの基本となるのが、サンゴの骨格組織のような、不規則な細かい繊維のある中空構造のエアレスタイヤ。リサイクル素材を使用すると同時に、完全なリサイクルも可能にしている。

ビジョナリーコンセプトは、トレッドに最大の特徴があり、3Dプリンターで補充することができる。低温硬化技術を応用した素材は、従来のトレッドと同じ性能を発揮。雨や雪、オフロードなど、路面状況が変化するのに対応して、必要なトレッドを数分間で印刷できる。

また、ビジョナリーコンセプトには、コネクト機能が備わっており、車両と通信。ドライバーはアプリを通じて、トレッドの摩耗状態を知ることができ、最適なトレッドパターンを選択できる。

ミシュランは、「将来のモビリティに関するミシュランのビジョンは、研究と革新を導く経済全体のビジョンに基づいている。製品を製造するために必要な資材を削減、再利用、またはリサイクルすることによって、地球の資源を保護し、環境への悪い影響を避けていく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集