BMW 1 / 2 シリーズ、欧州で改良新型…車載コネクトが進化

自動車 ニューモデル 新型車

BMW2シリーズ改良新型
  • BMW2シリーズ改良新型
  • BMW2シリーズ改良新型
  • BMW2シリーズ改良新型
  • BMW2シリーズ改良新型
  • BMW2シリーズ改良新型
  • BMW2シリーズ改良新型
  • BMW2シリーズ改良新型
  • BMW2シリーズ改良新型
ドイツの高級車メーカー、BMWは5月11日、『1シリーズ』、『2シリーズクーペ』、『2シリーズカブリオレ』の改良新型モデルを欧州で発表した。

外観は、ヘッドライトやテールランプに最新のLEDテクノロジーを導入。アルミホイールのデザインも新しい。ボディカラーには、新色が設定された。

大きく変わったのは、インテリア。ダッシュボードのデザインが一新された。メーター周りや空調吹き出し口、グローブボックスなどが、新デザインに。センターコンソールも新しい。

車載コネクティビティも進化。ナビゲーションなどを表示するセンターディスプレイは、8.8インチの高解像度仕様に。最新世代の「iDrive」が標準装備され、タッチパネルや音声認識により、操作できる。

車内WiFiホットスポットは、最大10台のデバイスが、高速でインターネットに接続できる。また、標準のSIMカードによって、BMW「ConnectedDrive」経由で、BMWサービスへの最適な接続とアクセスを可能にしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集