矢崎総業、豪州裁判所から約8億円の罰金判決…ワイヤーハーネスの価格カルテル

自動車 ビジネス 企業動向
矢崎総業 ワイヤーハーネス
  • 矢崎総業 ワイヤーハーネス

矢崎総業は5月9日、自動車用ワイヤーハーネス関連製品のカルテルについて、オーストラリア連邦裁判所から、950万豪ドル(約8億円)の罰金を課する旨の判決を受けたことを発表した。

本件は、2010年2月24日に日本、米国、欧州で同時に立入り検査等を受けた案件と同様の事案のもので、2012年12月にオーストラリア競争消費者委員会(ACCC)が行政処分を求めて裁判を開始したもの。

矢崎総業では今回の判決について、内容を精査し、適切に対応するとしている。

《纐纈敏也@DAYS》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集