パナソニック、受注殺到で宅配ボックス新製品の発売延期

自動車 ビジネス 国内マーケット

追加する宅配ボックス「コンボ」
  • 追加する宅配ボックス「コンボ」
  • 宅配ボックスのイメージ
パナソニックは3月28日、宅配ボックス「COMBO(コンボ)」シリーズ新製品の発売を延期すると発表した。

ドライバー不足で宅配便の荷受け抑制を事業者が検討している中で、パナソニックは3月6日、宅配便の再配達削減に貢献する宅配ボックス「コンボ」の拡充を発表。アパート用の「COMBO-Maison」、戸建住宅用の「COMBO-int」、ポスト一体型の「COMBO-F」、3種の宅配ボックスを4月3日より発売する予定だった。

しかし、宅配ボックス市場の急激な需要増加に伴い、既発売品の受注量が通常月の5倍以上に増加。想定以上の受注により、製品供給体制が追いつかないため、新製品の発売を6月1日に延期する。

なお、既発売の宅配ボックス「COMBO」4種類(ミドル、コンパクト、スリム、ハーフ)については販売を継続していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集