ジャパンディスプレイ、車載用液晶ディスプレイの生産能力増強

自動車 ビジネス 企業動向

ジャパンディスプレイ 鳥取工場
  • ジャパンディスプレイ 鳥取工場
ジャパンディスプレイは、鳥取工場の液晶パネル生産能力を増強(2017年11月予定)するとともに、同工場に先進的液晶モジュールの試作・開発を目的とした自動組み立てラインを設置(2018年4月稼働予定)すると発表した。

世界的な自動車台数の伸びに加え、自動運転や電気自動車(EV)の普及拡大による自動車1台あたりディスプレイ搭載数の増加に伴い、車載ディスプレイ市場は年率約10%の高い成長率を維持すると予想されている。

今回、増加する需要に対応するため、同社の車載用液晶ディスプレイ最大の生産拠点である鳥取工場の液晶パネル生産能力を12%拡充。また、生産拠点内に液晶モジュールの自動組み立てラインを設けることで、新製品開発の効率化を図り、多様化する顧客ニーズにスピーディに対応できる体制を整える。

ジャパンディスプレイの車載部門は今後拡大する市場でシェアを伸ばし、2021年度には、2016年度比約3倍となる売り上げを目指していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品