生産ラインから抜き取り検査を実施へ…型式指定審査での不正防止 2017年前半から

自動車 社会 行政

国土交通省は、自動車の型式指定審査で自動車メーカーの不正を防止するため、2017年前半にも型式指定後のモデルを生産ラインから抜き取って確認を実施する制度を導入する。

三菱自動車の燃費不正事件を受けて国土交通省が策定した「自動車の型式指定審査におけるメーカーの不正行為を防止するためのタスクフォース最終とりまとめ」の進捗状況で明らかにした。

型式指定を受けた後の監査・調査を強化するため、2017年前半から生産ラインからの実車抜き取り確認を実施する。

ただ、生産ラインからの実車抜き取り確認については、納車予定の自動車が抜き取られることによるユーザーへの納車予定遅れなど、影響を最低限に抑える方法や走行抵抗測定試験場の確保など、実施のための課題について対応を検討している。

また、使用過程車に対する抜き取りでの路上試験による排出ガス確認については、今春にも方策をとりまとめて、2017年後半に抜き取り路上試験を開始する。
《レスポンス編集部》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品